東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
活動

総会 講演会・シンポジウム 比較文学研究合評会 比較文学研究 その他

『比較文學研究』88号合評会

『比較文學研究』88号の合評会は以下の通り開催されました。

日時:12月22日(金)
   午後3時45分~5時30分
場所:東京大学教養学部18号館
   4階コラボレーションョンルーム1

対象論文
1中村和恵「異教徒の十字架―非ヨーロッパにおけるキリスト教の同化/
 異化の例としてのサム、グロンニオサウ、ミッテルホルザー、イヒマエラ、
 ウェント、プラットそして遠藤周作」

 評者:三ツ野陽介(博士課程学生)

2黄イクテイ「東京浪人街―外地青年・オウドウから見た高円寺界隈」

 評者:西原大輔(広島大学)

3黄善英「交錯する童心―方定煥と同時代日本人文学者における「子ども」」

 評者:伊藤由紀(博士課程学生)


 なお、これに先立ち、午後2時から、平川祐弘氏の英文著書 Japan's Love-Hate Relationship with the West の合評会も行われました。
 評者は岡本さえ氏(東京大学名誉教授)、大久保美春氏(本学会会員)、中村和恵氏(明治大学)でした。
 合評会に先立ち、平川氏による自著解題の講演も行われました。