東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
活動
書誌・辞典・雑誌

 

I 文学理論

-1.辞書

Childers, Joseph & Hentzi, Gary. eds., The Columbia Dictionary of Modern Literary and Cultural Criticism, New York: Columbia University Press, 1995.
           チルダーズ(J.)・へンツィ(G.)(編)『コロンビア大学現代文学・文化批評用語辞典』杉野健太郎・中村裕英・丸山修訳、松柏社、1998年

-2.文学理論解説書

Wellek, René & Warren, Austin. eds., Theory of Literature, New York: Harcourt Brace, 1956.
          ウェレック(R.)・ウォーレン(O.)『文学の理論』太田三郎訳、筑摩叢書、1967年
Barthes, Roland. « La mort de l’écrivain »(1968), Le Bruissement de la langue, Paris: Seuil, 1984.
          バルト(ロラン)「作者の死」花輪光訳『物語の構造分析』所収、みすず書房、1979年
Foucault, Michel. « Qu’est-ce qu’un auteur? » Bulletin de la Sociéte française de philosophie, 63e ann., no. 3, Paris: A.Colin, 1969.
          フーコー(ミッシェル)『作者とは何か?』清水徹・豊崎光一訳、哲学書房、1990年
Selden, Raman. Practising Theory and Reading Literature: An Introduction, Harlow: Pearson Education, 1989.
          セルデン(R.)『現代の文学批評――理論と実践』鈴木良平訳、彩流社、1994年
Lentricchia, Frank & McLaughlin, Thomas. eds., Critical Terms for Literary Study, Chicago: University of Chicago Press, 1990.
           レントリッキア(F.)・マクローリン(T.)(編)『現代批評理論――22の基本概念』大橋洋一訳、平凡社、1995年
Critical Terms for Literary Study, Chicago: University of Chicago Press, 1995.
          『+6の基本概念』大橋洋一訳、平凡社、2001年
土田知則・神群悦子・伊藤直哉『現代文学理論――テクスト・読み・世界』新曜社、1996年
Eagleton, Terry. Literary Theory: An Introduction, Minneapolis: University of Minnesata Press, 1983.
          イーグルトン(T.)『文学とは何か――現代批評理論への招待』大橋洋一訳、岩波書店、1997年
土田知則・青柳悦子『現代文学理論のプラクティス――物語・アイデンティティ・越境』新曜社、2001年
Culler, Jonathan D. Literary Theory: A Very Short Introduction, Oxford; New York; Tokyo: Oxford University Press, 1997.
          カラー(J.)『文学理論』荒木映子・富山太佳夫訳、岩波書店、2003年
沼野充義他『文学理論』岩波講座文学別巻、岩波書店、2004年
廣野由美子『批評理論入門――「フランケンシュタイン」解剖学講義』中公新書、2005年

-3.研究書

Poulet, Georges. L’espace Proustien, Paris: Gallimard, 1963.
          プーレ(ジョルジュ)『プルースト的空間』山路昭・小副川明訳、国文社、1975年
富山太佳夫『ポパイの影に――漱石/フォークナー/文化史』みすず書房、1996年
鈴木貞美『日本の「文学」概念』作品社、1998年
          『日本の文化ナショナリズム』平凡社、2005年
兵藤裕己他『フィクションか歴史か』岩波講座文学第九巻、岩波書店、2002年
          『テクストとは何か』岩波講座文学第一巻、岩波書店、2003年
ディオニーズ・デュリシン『理論比較文学』谷口勇訳、而立書房、2003年
柴田勝二『<作者>をめぐる冒険――テクスト論を超えて』新曜社、2004年

II 「影響・受容」の理論

Bakhtin, Mikhail Mikhailovich. Проблемы позтики Достоевского, Москва: Советская Россия, 1979.
          バフチン(ミハイル)『ドフトエフスキーの詩学』望月哲夫訳、ちくま学芸文庫、1995年
Kristeva, Julia. Σημειωτικη: Recherches pour une sémanalyse, Paris: Seuil, 1969.
          クリステヴァ(ジュリア)『記号の生成論』セメイオチケ2、中沢新一他訳、せりか書房、1987年
Bloom, Harold. The Anxiety of Influence: A Theory of Poetry, New York: Oxford University Press, 1973.
          ブルーム(ハロルド)『影響の不安』小谷野敦・アルヴィ宮本なほ子訳、新曜社、2004年
Johnson, Barbara. A Word of Difference, Baltimore: Johns Hopkins University Press, 1987.
           ジョンソン(バーバラ)『差異の世界――脱構築・ディスクール・女性』大橋洋一他訳、紀伊國屋書店、1990年
小堀桂一郎「「影響」研究をめぐる諸問題」芳賀徹他(編)『比較文学の理論』講座比較文学第 8 巻所収、東京大学出版会、1967年
土田知則『プルースト――反転するトポス』新曜社、1999年
          『間テクスト性の戦略』夏目書房、2000年


研究書誌トップへ  ▲ 上へ戻る

本書誌の著作権は、以下の監修者及び作成者に帰する。
監修者:今橋映子(東京大学大学院・准教授)
作成分担者:鄭秀鎭・韓冰・李賢晙・翁長瑠璃子・滝内美貴子・二村淳子・金嬛鏡・奥彩子黄毓婷林久美子檜山智美任ダハム・韓程善・金暁美・蔡暉映・金志映・堀江秀史・定村来人(東京大学大学院院生・作成当時)