東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
活動
書誌・辞典・雑誌

 

Auerbach, Erich. Mimesis:dargestellte Wirklichkeit in der abendländischen Literatur, Bern: Francke, 1946.
           アウエルバッハ(エーリッヒ)『ミメーシス――ヨーロッパ文学における現実描写(上)(下)』篠田一士・川村二郎訳、筑摩書房、1967年/ちくま学芸文庫、1994年
Hazard, Paul. Les livres, les enfants et les hommes, Paris: Flammarion, 1932.
            アザール(ポール)『本・子ども・大人』矢崎源九郎・横山正也訳、紀伊国屋書店、1957年

井村君江『妖精の系譜』新書館、1988年
          『ケルト妖精学』講談社学術文庫、1996年
川端香男里『ユートピアの幻想』講談社学術文庫、1993年
私市保彦『ネモ船長と青ひげ』晶文社、1978年
            『幻想物語の文法――『ギルガメシュ』から『ゲド戦記』へ』晶文社、1987年/『幻想物語の文法』ちくま学芸文庫、1997年
小谷野敦『<男の恋>の文学史』朝日選書、1997年
佐伯順子『遊女の文化史――ハレの女たち』中公新書、1987年
          『「色」と「愛」の比較文化史』岩波書店、1998年
Zweig, Paul. The Adventurer, New York: Basic Books, 1974.
           ツヴァイク(ポール)『冒険の文学――西洋世界における冒険の変遷』中村保男訳、法政大学出版局、1990年
土田知則「「鳥」と「色彩」のテーマティスム」(土田知則・青柳悦子『文学理論のプラクティス――物語・アイデンティティ・越境』新曜社、2001年)
Pinguet, Maurice. La mort volontaire au Japon, Paris: Gallimard, 1984.
           『自死の日本史』竹内信夫訳、筑摩書房、1986年/ちくま学芸文庫、1992年
平川祐弘『東の橘西のオレンジ』文芸春秋、1981年
福田眞人『結核の文化史』名古屋大学出版会、1995年
富士川英郎『失われたファウナ――消間詩話』小沢書店、1974年
Brunel, Pierre. Le mythe de la métamorphose, Paris: Armand Colin, 1974.
          ブリュネル(ピエール)『変身の神話』門田眞知子訳、人文書院、2004年
ヨコタ村上孝之『性のプロトコル――欲望はどこからくるのか』新曜社、1997年
          『色男の研究』角川学芸出版、2007年


研究書誌トップへ  ▲ 上へ戻る

本書誌の著作権は、以下の監修者及び作成者に帰する。
監修者:今橋映子(東京大学大学院・准教授)
作成分担者:鄭秀鎭・韓冰・李賢晙・翁長瑠璃子・滝内美貴子・二村淳子・金嬛鏡・奥彩子黄毓婷林久美子檜山智美任ダハム・韓程善・金暁美・蔡暉映・金志映・堀江秀史・定村来人(東京大学大学院院生・作成当時)