東大比較文学會 学会案内活動掲示板リンク
活動
比較研究の先達たち

 

I 日本(研究者:生年順 書籍:初版の年代順)
坪内逍遥(1859―1935)
          『小説神髄』松月堂、1885年/岩波文庫、1948年
          『当世書生気質』晩青堂、1885―1886年
          (他編)『近松の研究』春陽堂、1900年
          『英文学史』東京専門学校出版部文学叢書1、1901年
          『新楽劇論』早稲田大学出版部、1904年
          『倫理ト文学』富山房、1908年
          (訳著)『沙翁全集』(全40巻)早稲田大学出版部・富山房シェークスピヤ全集、1909―1928年/(複製)名著普及会、1989年
          『芝居絵と豊国及其門下』春陽堂、1920年
          (他編)『歌舞伎脚本傑作集』春陽堂、1921年―1923年
          (他編/鶴屋南北著)『大南北全集』(全17巻)春陽堂、1925年―1928年
          『逍遥選集』(全12巻、別冊3巻)春陽堂、1926―1927年
          『近世畸人伝その他』東京堂、1931年
          『義時の最期』春陽堂文庫、1932年
          (訳)『新修シェークスピヤ全集』(全40巻)中央公論社、1933―1935年
          『東西の煽情的悲劇』春秋文庫、春秋社、1933年
矢野峰人(1893―1988)
          (訳)『シモンズ選集』アルス、1921年
          『詩学雑考』第一書房、1926年
          『近代英文學史』第一書房、1926年
          『近代英文學史』(改訂版)第一書房、1929年
          『近代英詩評釈』三省堂、1935年
          『アイルランド文芸復興』弘文堂教養文庫、1940年
          『近英文芸批評史』全国書房、1943年
          『アーノルド論攷』京都:全国書房、1947年
          『蒲原有明研究』国立書院、1948年
          『詩学入門』大阪:堀書店教養叢書、1949年
          (編)『蒲原有明詩集』新潮文庫、1952年
          『ポープ』研究社新英米文学評伝叢書、1955年
          『比較文学――考察と資料』南雲堂不死鳥選書、1956年
          『文学史の研究』松柏社、1958年
          『蒲原有明研究――附・有明逸詩抄』(増訂版)刀江書院、1959年/日本図書センター近代作家研究叢書32、1984年
          (編)『世界名詩選』毎日ライブラリー、1961年
          『日本英文学の学統――逍遥、八雲、敏、禿木』研究社出版、1961年
          (他編)『上田敏全訳詩集』岩波文庫、1962年
          (編)『与謝野晶子詩歌集』弥生書房世界の詩、1965年
          『「文学界」と西洋文学』(新訂版)学友社、1970年
          『鉄幹・晶子とその時代』弥生書房弥生選書、1973年
          『矢野峰人選集』(全3巻)国書刊行会、2007年
島田謹二(1901―1993)
          『翻訳文学』日本文学教養講座13、至文堂、1951年
          『比較文学』要書房、1953年
          『近代比較文学』光文社、1956年
          『ロシヤにおける広瀬武夫』弘文堂、1961年二版/朝日選書、1976年
          『アメリカにおける秋山真之』朝日新聞社、1969年/朝日選書、1975年
          (東京大学文学博士論文)『日本における西洋文学の考究――比較文学研究』1974年10月7日
          『日本における外国文学』(上)(下)朝日新聞社、1975―1976年
          (編)『広瀬武夫全集』(上)(下)、講談社、1983年
          『ルイ・カザミヤンの英国研究』白水社、1990年
          『ロシヤ戦争前夜の秋山真之』(上)(下)朝日新聞社、1990年
          『華麗島文学志――日本詩人の台湾体験』明治書院、1995年
          『フランス派英文学研究』(上)(下)南雲堂、1995年
中島健蔵(1903―1979)
          (他)『比較文学序説』1951年
          (編)『近代日本文學における外國文學の影響』1953年
          (他編)『比較文学――目的と意義』比較文学講座1、清水弘文堂、1971年
          (他編)『日本近代詩――比較文学的にみた』比較文学講座2、清水弘文堂、1971年
          (他編)『日本近代小説――比較文学的にみた』比較文学講座3、清水弘文堂、1971年
          (他編)『日本近代評論――比較文学的にみた』清水弘文堂比較文学講座4、1974年
成瀬正勝(1906―1973)
          『森鴎外覚書』万里閣、1940年/中公文庫、1980年
          (編著)『昭和文学十四講』右文書院、1966年
          (編)『大正文学の比較文学的研究』明治書院、1968年
富士川英郎(1909―2003)
          『リルケ――人と作品』東和社、1952年
          『リルケと「軽業師」』弘文堂、1958年
          (編)『リルケ全集』(全14巻)弥生書房、1960―1965年
          (編訳)『日時計――現代ドイツ詩集』弥生書房、1961年
          (編)『東洋の詩 西洋の詩』朝日出版社、1970年
          『菅茶山と頼山陽』平凡社東洋文庫、1971年
          『西東詩話――日独文化交渉史の側面』玉川大学出版部、1974年
          『書物と詩の世界』玉川大学出版部、1978年
          『萩原朔太郎雑志』小沢書店、1979年
          『失われたファウナ――消閑詩話』小沢書店、1980年
          『菅茶山』筑摩書房、1981年/福武書店、1990年
          『黒い風琴』小沢書房、1984年
          (他編)『日本漢詩人選集』(全12巻)研文出版、1998―2005年
氷上英廣(1911―1986)
          『ニーチェの問題』創元社、1948年
          (編)『ニーチェ研究』社会思想研究会出版部、1952年
          (他編)『東洋の詩 西洋の詩』朝日出版社、1969年
          (編)『ニーチェとその周辺』朝日出版社、1972年
          『ニーチェの顔』岩波新書、1976年
          (他)『ニーチェ ツァラトゥストラ』有斐閣新書、1980年
          『ニーチェとその時代』岩波書店、1988年
          『ニーチェとの対話』岩波書店、1988年
木村彰一(1915―1986)
          『ロシア・ソヴェート文学史』中央公論社、1958年
          (編)『ロシア・ソビエト文学』毎日ライブラリー、1961年
          (他)『ロシアの文学』明治書院、1966年
          (編)『ロシア・西欧・日本』朝日出版社、1976年
          『魅せられた旅人――ロシア文学の愉しみ』恒文社、1987年
福田陸太郎(1916―2006)
          (訳/マリウス=フランソワ・ギュイヤール著)『比較文学』白水社文庫クセジュ、1954年
          (訳)『ホイットマン詩集』三笠書房、1968年
          (他編)『文学用語解説辞典』東京堂、1971年
          (他編)『西脇順三郎研究』右文書院、1971年
          (他)『T.S.エリオット「灰の水曜日」研究』文化評論出版、1972年
          『西洋の影の中で――比較文学論考』エレック選書、ELEC出版部、1972年
          (訳)『バーナード・リーチ詩画集』五月書房、1974年
          『アメリカ文学思潮史――社会と文学』中教出版、1975年
          『文学と風土』開拓社、1980年
          『比較文学の諸相』大修館書店、1980年
          (訳/バーナード・リーチ著)『東と西を超えて――自伝的回想』日本経済新聞社、1982年
          (他編)『エズラ・パウンド研究』京都:山口書店、1986年
          『福田陸太郎著作集』(全7巻)沖積舎、1998―1999年
佐伯彰一(1922―)
          (他)『新しい文学――その思想と社会的背景』社会思想研究会出版部、1961年
          (他編)『ポオ全集』(全3冊)東京創元新社、1963年
          (編)『ヘミングウェイ』研究社、1966年
          『日本を考える』新潮社、1966年
          『伝記と分析の間』現代評論選書、南北社、1967年
          『文学的アメリカ――雑種社会の可能性』中公新書、1967年
          『アメリカ文学史――エゴのゆくえ』筑摩書房、1969年/筑摩叢書、1980年
          『内と外からの日本文学』新潮選書、1969年
          (編)『アメリカとヨーロッパ――離脱と回帰』南雲堂、1970年
          『内なるアメリカ・外なるアメリカ』新潮社、1971年
          (他編)『三島由紀夫全集』新潮社、1973年―1976年
          『日本人の自伝』講談社、1974年/講談社文庫、1979年/講談社学術文庫、1991年
          (他)『比較文化への展望』研究社、1977年
          『評伝三島由紀夫』新潮社、1978年/中公文庫、1988年
          『書いた、恋した、生きた――ヘミングウェイ伝』研究社選書、1979年
          『物語芸術論――谷崎・芥川・三島』講談社、1979年/中公文庫、1993年
          『狂気の時代』サンケイ出版、1979年
          『外から見た近代日本』日本経済新聞社、1980年/講談社学術文庫、1984年
          『近代日本の自伝』講談社、1981年
          『外から見た日本文学』TBSブリタニカ、1981年
          (編)『自伝文学の世界』朝日出版社、1983年
          『日米関係のなかの文学』文藝春秋、1984年
          『批評家の自伝』研究社、1985年
          『自伝の世紀』講談社、1985年/講談社文芸文庫、2001年
          (他編)『外国人による日本論の名著――ゴンチャロフからパンゲまで』中公新書、1987年
          『伝記のなかのエロス――奇人・変人・性的人間』筑摩書房、1990年/中公文庫、1994年
          『作家論集――島崎藤村から安部公房まで』未知谷、2004年
河竹登志夫(1924―)
          『比較演劇学』南窓社、1967年
          『日本のハムレット』南窓社、1972年
          (東京大学文学博士論文)『近代日本演劇とハムレット――ハムレット移入史の研究』1974年11月11日
          『続比較演劇学』南窓社、1974年
          『近代演劇の展開』日本放送出版協会、1982年
          『舞台の奥の日本』TBSブリタニカ、1982年
          『先駆ける者たちの系譜――黙阿弥・逍遥・抱月・須磨子・晋平』冬青社、1985年
          『歌舞伎美論』東京大学出版会、1989年
          『黙阿弥』文藝春秋、1993年/文春文庫、1996年
          『河竹登志夫歌舞伎論集』演劇出版、1999年
          『比較演劇学 続々』南窓社、2005年
          Japan on Stage: Japanese Concepts of Beauty as Shown in the Traditional Theatre, translated by P.G. O'Neil, Tokyo: 3A Corporation, 1990
剣持武彦(1928―2007)
          (他編)『欧米作家と日本近代文学』(全5巻)教育出版センター、1974―1975年
          『日本近代詩考――比較文学への試み』以文選書9、教育出版センター、1975年
          『「間」の日本文化』講談社現代新書、1978年
          (編)『島崎藤村』朝日出版社比較文学研究、1978年
          『比較日本学のすすめ――日本人の民族性を探る』京都:PHP研究所、1980年
          (他)『西鶴新展望』勉誠社、1993年
          『比較文学プロムナード――近代作品再読』おうふう、1994年
          『言語生活と比較文化』朝文社、1995年
          (他編)『島崎藤村――文明批評と詩と小説と』双文社、1996年
          (編)『島崎藤村「夜明け前」作品論集成』(全4巻)大空社、1997年
          『受容と変容・日本近代文学――ダンテからジッドまで』おうふう、2000年
中西進(1929―)
          『古今六帖の万葉歌』武蔵野書院、1964年
          『神々と人間』講談社現代新書、1975年
          『遠景の歌』小沢書店、1985年
          (編)『大伴家持――人と作品』桜楓社、1985年
          『古事記をよむ』(全4巻)角川書店、1985年―1986年/中西進著作集1―2、四季社、2007年
          『辞世のことば』中公新書、1986年
          『狂の精神史』講談社文庫、1987年
          (他)『漢字文化を考える』大修館書店、1991年
          (編)『古代の祭式と思想――東アジアの中の日本』角川選書、1991年
          『キリストと大国主――誰も知らなかった古代日本の中の「世界」』文藝春秋、1994年
          『中西進万葉論集』(全8巻)講談社、1995年―1996年
          (他編)『日中文化交流史叢書』(全10巻)大修館書店、1995年―1998年
          (他)『東海道人と文化の万華鏡』ウェッジ、2003年
          (編)『笠金村・高橋虫麻呂・田辺福麻呂人と作品』おうふう、2005年
          (他)『世界の〈外来語〉の諸相――標準化・活性化を目指す言語政策の多様性』凡人社、2005年
          『詩心――永遠なるものへ』中公新書、2006年
          『古代文学の生成』おうふう、2007年
松村昌家(1929―)
          『ディケンズとロンドン』研究社、1981年
          『水晶宮物語』リブロポート、1986年/ちくま学芸文庫、2000年
          『ディケンズの小説とその時代』研究社、1989年
          (編)『子どものイメージ――十九世紀英米文学に見る子どもたち』英宝社、1992年
          (編)『比較文学を学ぶ人のために』京都:世界思想社、1995年
          (編)『チャールズ・ディケンズ「大いなる遺産」――読みと解釈』英宝社、1998年
          (編)『谷崎潤一郎と世紀末』京都:思文閣、2002年
          『十九世紀ロンドン生活の光と影――リージェンシーからディケンズの時代へ』京都:世界思想社、2003年
          (他編)『視覚芸術の比較文化』京都:思文閣、2004年
          (他)『イギリスと日本』神戸:甲南大学総合研究所、2005年
          (編)『夏目漱石における東と西』京都:思文閣、2007年
小玉晃一(1930―)
          (他)『日本の英学100年 明治編』研究社出版、1968年
          (他)『日米文化交流の百年――明治百年記念論集』アメリカ大使館広報文化局出版部、1968年
          (他)『日本女流文学史』同文書院、1969年
          『比較文学の周辺』笠間選書、笠間書院、1973年
          (他編)『欧米作家と日本近代文学』(全5冊)教育出版センター、1974―1976年
          『比較文学ノート』笠間選書、笠間書院、1975年
          (編)『有島武郎』朝日出版社、1978年
          (共著)『明治の横浜――英語・キリスト教文学』笠間書院、1979年
          『比較文学手帖』笠間書院、1987年
          (他)『図説児童文学翻訳大事典4』大空社、2007年
芳賀徹(1931―)
          『大君の使節――幕末日本人の西欧体験』中公新書、1968年
          (他編)『講座比較文学1―8』東京大学出版会、1973―1976年
          (他編)『芸術の精神史――蕪村から藤島武二まで』京都:淡交社、1976年
          『明治維新と日本人』講談社学術文庫、1980年
          『平賀源内』朝日評伝選、1981年/朝日選書、1989年
          『みだれ髪の系譜――詩と絵の比較文学』美術公論社、1981年/講談社学術文庫、1988年
          (他)『講座夏目漱石5』有斐閣、1982年
          (東京大学文学博士論文)『絵画の領分――近代日本比較文化史研究』1985年5月13日/朝日新聞社、1984年/朝日選書、1990年
          (他編著)『海外の日本人小事典』エッソ石油広報部、1985年
          『渡辺華山――優しい旅びと』朝日選書、1986年
          『与謝蕪村の小さな世界』中央公論社、1986年/中公文庫、1988年
          (校注)『江漢西遊日記』平凡社東洋文庫、1986年
          (他編)『外国人による日本論の名著――ゴンチャロフからパンゲまで』中公新書、1987年
          (編)『小出楢重随筆集』岩波文庫、1987年
          (他編著)『江戸東京八十景小事典』エッソ石油広報部、1987年
          (他編)『文学の東西』日本放送大学教材、1988年
          『文化の往還――比較文化の楽しみ』福武書店、1989年
          (他)『久米邦武の研究』吉川弘文館、1991年
          『絵のなかの東京』岩波書店、1993年
          『文明としての徳川日本』中央公論社叢書比較文学比較文化1、1993年
          (他編)『河鍋暁斎画集』六燿社、1994年
          『詩の国詩人の国』筑摩書房、1997年
          『ひびきあう詩心――俳句とフランスの詩人たち』TBSブリタニカ、2002年
          『詩歌の森へ――日本詩へのいざない』中公新書、2002年
          (編)『岩倉使節団の比較文化史的研究』京都:思文閣、2003年
          『みやこの円熟――江戸期の京都文化史再考』NHK人間講座、2004年
          (ed.), Ideal Places in History : East and West, Kyoto: International Research Center for Japanese Studies, 1997
平川祐弘(1931―)
          『ルネサンスの詩――城と泉と旅人と』内田老鶴圃、1961年/沖積舎、1982年/講談社学術文庫、1987年
          『芸術にあらわれたヴェネチア』内田老鶴圃、1962年
          『マテオ・リッチ伝』(1)(2)(3)平凡社東洋文庫、1969―1997年
          (東京大学文学博士論文)『和魂洋才の系譜――内と外からの明治日本』1974年11月11日/河出書房新社、1971年/平凡社ライブラリー、2006年
          『謡曲の詩と西洋の詩』朝日新聞社、1975年
          『夏目漱石――非西洋の苦闘』新潮社、1976年/講談社学術文庫、1991年
          『小泉八雲――西洋脱出の夢』新潮社、1981年/講談社学術文庫、1994年
          『東の橘 西のオレンジ』文藝春秋社、1981年
          (他)『講座夏目漱石5』有斐閣、1982年
          『平和の海と戦いの海――二・二六事件から「人間宣言」まで』新潮社、1983年/講談社学術文庫、1993年
          『進歩がまだ希望であった頃』新潮社、1984年/講談社学術文庫、1990年
          『漱石の師マードック先生』講談社学術文庫、1984年
          (他編著)『川端康成「山の音」研究』明治書院、1985年
          『西欧の衝撃と日本』講談社学術文庫、1985年
          『西洋の詩 東洋の詩』河出書房新社、1986年
          『開国の作法』東京大学出版会、1987年
          『小泉八雲とカミガミの世界』文藝春秋、1988年
          (他)『幻想空間の東西――フランス文学をとおしてみた泉鏡花』金沢:十月社、1990年
          (編)『内なる壁――外国人の日本人像・日本人の外国人像』TBSブリタニカ、1990年
          (他編)『漱石の「こ丶ろ」――どう読むか、どう読まれてきたか』新曜社、1992年
          (編)『異文化を生きた人々』中央公論社、1993年
          (他編)『アニミズムを読む――日本文学における自然・生命・自己』新曜社、1994年
          (編)『世界の中のラフカディオ・ハーン』河出書房新社、1994年
          『米国大統領への手紙――市丸利之助伝』新潮社、1996年
          『オリエンタルな夢――小泉八雲と霊の世界』筑摩書房、1996年
          (他編)『「暗夜行路」を読む――世界文学としての志賀直哉』新曜社、1996年
          (他編)『「甘え」で文学を解く』新曜社、1996年
          (他編)『講座森鴎外』(全3巻)新曜社、1997年
          『中国エリート学生の日本観――比較の指針』文藝春秋、1997年
          『ダンテの地獄を読む』河出書房新社、2000年
          (編)『異国への憧憬と祖国への回帰』明治書院、2000年
          『ラフカディオ・ハーン――植民地化・キリスト教化・文明開化』京都:ミネルヴァ書房、2004年
          『天ハ自ラ助クルモノヲ助ク――中村正直と「西国立志編」』名古屋大学出版会、2006年
          Japan in Comparative Perspective, Tokyo: University of Tokyo Press, 1979
          Japan’s Love-Hate Relationship with the West, Folkestone: Global Oriental, 2004
          (ed.), Lafcadio Hearn in International Perspectives, Folkestone: Global Oriental, 2007
亀井俊介(1932―)
          (東京大学文学博士論文)『近代文学におけるWhitmanの運命』1969年3月27日/『近代文学におけるホイットマンの運命』研究社、1970年
          『ナショナリズムの文学――明治精神の探求』研究社叢書、1971年/講談社学術文庫、1988年
          (他)『講座英米文学史3』大修館書店、1972年
          (他編)『日本とアメリカ――比較文化論』(1)(2)(3)、南雲堂、1973年
          (編)『異質文化の衝撃と波動』南雲堂、1973年
          『サーカスが来た! アメリカ大衆文化覚書』東京大学出版会、1976年/文春文庫、1980年/岩波書店同時代ライブラリー、1992年
          (他)『講座比較文化』(1)(8)、研究社、1976年―1977年
          『内村鑑三――明治精神の道標』中公新書、1977年
          『自由の聖地――日本人のアメリカ』研究社選書、1978年
          『摩天楼は荒野にそびえ――わがアメリカ文学誌』日本経済新聞社、1978年/旺文社文庫、1984年/『わがアメリカ文学誌』岩波書店、2003年
          『メリケンからアメリカへ――日米文化交渉史覚書』東京大学出版会、1979年
          『バスのアメリカ』冬樹社、1979年/旺文社文庫、1984年
          『本のアメリカ』冬樹社、1982年
          『ハックルベリー・フィンは、いま――アメリカ文化の夢』講談社、1985年/講談社学術文庫、1991年
          『ピューリタンの末裔たち――アメリカ文化と性』研究社出版、1987年
          『亀井俊介の仕事』南雲堂、1987―1995年
          『マリリン・モンロー』岩波新書、1988年
          『「金メッキ時代」への私的考察』PHP研究所、1990年
          (他)『自伝でたどるアメリカン・ドリーム』河合出版、1992年
          『アメリカン・ヒーローの系譜』研究社、1993年
          (編)『近代日本の翻訳文化』中央公論社叢書比較文学比較文化3、1994年
          (編)『現代の比較文学』講談社学術文庫、1994年(『現代比較文学の展望』研究社1972年刊の改題)
          『アメリカ文学史講義』(1)(2)(3)、南雲堂、1997年―2004年
          『アメリカ文化と日本――「拝米」と「排米」を超えて』岩波書店、2000年
          『ニューヨーク』岩波新書、2002年
          『アメリカでいちばん美しい人――マリリン・モンローの文化史』岩波書店、2004年
          『名詩名訳ものがたり――異郷の調べ』岩波書店、2005年
          (監修)『アメリカ――文学史・文化史の展望』松柏社、2005年
          (監修)『史料で読むアメリカ文化史』(全5巻)、東京大学出版会、2005―2006年
          (編)『アメリカ文化史入門――植民地時代から現代まで』京都:昭和堂、2006年
          (ed.), Collected English Works of Yone Noguchi: Poems, Novels and Literary Essays, vols.1-6, Tokyo: Edition Synapse, 2007
鶴田欣也(1932―1999)
          『川端康成の芸術――純粋と救済』明治書院、1981年
          『日本文学における「向こう側」――母なるもの性なるもの』明治書院、1986年
          『川端康成論』明治書院、1988年
          (編著)『井伏鱒二研究』明治書院、1990年
          (編)『日本文学における「他者」』新曜社、1994年
          (他編)『アニミズムを読む――日本文学における自然・生命・自己』新曜社、1994年
          (他編)『「暗夜行路」を読む――世界文学としての志賀直哉』新曜社、1996年
          (他編)『「甘え」で文学を解く』新曜社、1996年
          『越境者が読んだ近代日本文学――境界をつくるもの、こわすもの』新曜社、1999年
          Akutagawa Ryunosuke : His Concepts of Life and Art, Ann Arbor, Mich.: University Microfilms International, 1985
江藤淳(1933―1999)
          『小林秀雄』講談社、1961年/角川文庫、1969年/講談社文芸文庫、2002年
          『アメリカと私』朝日新聞社、1965年/講談社、1969年/講談社文庫、1972年/文春文庫、1991年/講談社文芸文庫、2007年
          『漱石とその時代』1―5、新潮社、1970年―1999年
          『漱石とアーサー王伝説――『薤露行』の比較文学的研究』東京大学出版会、1975年/講談社学術文庫、1991年
          『リアリズムの源流』河出書房新社、1989年
          『漱石論集』新潮社、1992年
小堀桂一郎(1933―)
          (東京大学文学博士論文)『若き日の森鴎外』1969年3月29日/東京大学出版会、1969年
          『森鴎外の世界』講談社、1971年
          (編)『現代比較文学の展望』研究社、1972年
          『鎖国の思想――ケンペルの世界史的使命』中公新書、1974年
          『西学東漸の門――森鴎外研究』朝日出版社、1976年
          (他編)『文章の解釈――本文分析の方法』東京大学出版会、1977年
          『イソップ寓話――その伝承と変容』中公新書、1978年/講談社学術文庫、2001年
          『鴎外とその周辺』明治書院、1981年
          『森鴎外――文業解題(創作篇)』岩波書店、1982年
          『森鴎外――文業解題(翻訳篇)』岩波書店、1982年
          (校訂)金素雲著『三韓昔がたり』講談社学術文庫、1985年
          (編)『東西の思想闘争』中央公論社叢書比較文学比較文化4、1994年
          『森鴎外――批評と研究』岩波書店、1998年
私市保彦(1933―)
          (他編)『世界の児童文学』国土社、1967年
          『ネモ船長と青ひげ』晶文社、1978年
          『幻想物語の文法――「ギルガメシュ」から「ゲド戦記」へ』晶文社、1987年/ちくま学芸文庫、1997年
          (他)『幻想文学の東西――フランス文学をとおしてみた泉鏡花』金沢:十月社、1990年
          (他)『バルザック――生誕二百年記念論文集』駿河台出版社、1999年
          『フランスの子どもの本――「眠りの森の美女」から「星の王子さま」へ』白水社、2001年
          (他)『図説児童文学翻訳大事典4』大空社、2007年
          『名編集者エッツェルと巨匠たち――フランス文学秘史』新曜社、2007年
川本皓嗣(1939―)
          (東京大学博士論文)『日本詩歌の伝統――七と五の詩学』1992年3月13日
          『日本詩歌の伝統――七と五の詩学』岩波書店、1991年
          (編)『美女の図像学』京都:思文閣、1994年
          (編)『歌と詩の系譜』中央公論社叢書比較文学比較文化5、1994年
          (他編)『文学の方法』東京大学出版会、1996年
          (他編)『翻訳の方法』東京大学出版会、1997年
          (他編)『芭蕉解体新書――芭蕉の永久革命』雄山閣、1997年
          『アメリカの詩を読む』岩波セミナーブックス、1998年
          (他編)『近代日本における外国文学の受容』放送大学教材、2003年
          (他)『詩歌の饗宴』岩波講座文学、2003年
          (編著)『力か対話か――異文化交流は「文明の衝突」を防ぎ得るか』中央公論社、2004年
          (他編)『ヴィクトリア朝英国と東アジア』京都:思文閣大手前大学比較文化研究叢書、2006年
          The Poetics of Japanese Verse: Imagery, Structure, Meter, Tokyo: University of Tokyo Press, 2000
竹内信夫(1945―)
          (他編)『写真集明治大正昭和鯖江――ふるさとの想い出91』国書刊行会、1979年
          (訳/アンリ・メショニック著)『詩学批判――詩の認識のために』未来社、1982年
          (他訳/ミシェル・セール著)『ライプニッツのシステム』朝日出版社ポストモダン叢書9、1985年
          (訳/モーリス・パンゲ著)『自死の日本史』筑摩書房、1986年/ちくま学芸文庫、1992年
          (他訳/モーリス・パンゲ著)『テクストとしての日本』筑摩書房、1987年
          『空海入門――弘仁のモダニスト』ちくま新書、1997年
          (他訳)『マラルメ全集3』筑摩書房、1998年
          (訳/クロード・レヴィ=ストロース著)『みるきくよむ』みすず書房、2005年
          (訳/ピエール=シルヴァン・フィリオザ著)『サンスクリット』白水社文庫クセジュ、2006年

 

II 韓国

金學東(キム・ハクドン、1935年―)
―――『한국근대시의 비교문학적 연구』일조각、1980年
―――『한국문학의 비교문학적연구』일조각、1982年
白樂晴(ベク・ナクチョン、1938年―)
―――『민족문학과 세계문학』창작과비평사、1978年
―――『민족주의란 무엇인가』창작과비평사、1990年
―――『리얼리즘과 모더니즘』창작과비평사、1990年
―――『현대문학을 보는 시각』솔출판사、1991年
―――『통일시대 한국문학의 보람』창작과비평사、2006年
林喆規(イム・チョルギュ、1939年―)
―――『우리시대의 리얼리즘』한길사、1983年
―――『왜 유토피아인가』민음사、1994年
―――『눈의 역사, 눈의 미학』한길사、2004年
趙東一(チョ・ドンイル、1939年―)
―――『한국문학과 세계문학』지식산업사、1991年
―――『동아시아문학사비교론』서울대학출판부、1993年
―――『세계문학사의 허실』지식산업사、1996年
―――『하나이면서 여럿인 동아시아문학』지식산업사、1999年
―――『세계문학사의 전개』지식산업사、2002年
都正一(ド・ジョンイル、1941年―)
―――『문학, 문화, 시대에 대한 에세이――시인은 숲으로 가지 못한다』민음사、 1994年
―――『대담――인문학과 자연과학이 만나다』휴머니스트、2005年

研究書誌トップへ  ▲ 上へ戻る

本書誌の著作権は、以下の監修者及び作成者に帰する。
監修者:今橋映子(東京大学大学院・准教授)
作成分担者:鄭秀鎭・韓冰・李賢晙・翁長瑠璃子・滝内美貴子・二村淳子・金嬛鏡・奥彩子黄毓婷林久美子檜山智美任ダハム・韓程善・金暁美・蔡暉映・金志映・堀江秀史・定村来人(東京大学大学院院生・作成当時)