東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板
会員図書研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせカタログ評・院生委員会
近刊書

踊る身体の詩学 モデルネの舞踊表象

著者:山口 庸子
編者:
訳者:
出版社:名古屋大学出版会
出版年:2006年
定価:5,460円
ISBN:4-8158-0550-4
書評:ドイツを中心とする19世紀末から20世紀前半の文学・思想を広く取り上げ、バレエ・ダンスなどの「踊る身体」が文学にどのように描写されたか、芸術運動にどのような動きをもたらしたかを論じる。モダン・ダンスにおける日本やオリエントの身体の表象についての議論など、比較文化論としても興味深い一冊であろう。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1224


コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。


画像の中に見える文字を入力してください。